PRODUCT

 Iotを利用した工場管理

IoTの構築及び導入事例

各種設備や機械の現状確認や、生産状況など現場で確認することなく、事務所や遠方にて制御や状況確認(監視)することが出来ます。

さまざまなセンサーや計測機器類の現在の状況やデータを常に把握でき、原料の使用量や故障時における状況などを把握することで、原料のコスト削減や設備予防保全(修繕費の削減)などに結び付けることが可能です。

設備の稼働状況や製品の良品・不良品の判定データなどを集めることで、省エネや生産効率のUPにつなげることが可能です。(今まで見えなかった“モノ”がデータ化される) WEBカメラなどを導入することでモニタリングする事も可能となります。

工場内設備のD I/Oやアナログデータなどを無線化することで、設備更新や移設・増設などにも簡単にそして工事を短期間に対応できます。
無線化に関しては、現場の状況や機器類の構成によって、無線LANやそれ以外の方法で通信方法を構築しております。
日報・月報や異常通報(メール・音声など)などをPCやスマホなどに送信することで、現場状況を遠方から監視することも可能としております。

下記に記載するのはほんの一例であり、お客様の要望する内容や設備現状などを元に企画・提案させていただいております。

システム構成

IOTを使った工場管理システム

IOTを使った生産現場管理システム